deutsch deutsch


JOMESA HFD(オートマチックコンタミ解析装置):
清浄度検査,測定手順,金属・非金属識別(特許),評価サンプル,オイル清浄度

JOMESA HFD清浄度仕様書



自動車、航空、医療業界における先端技術製品の清浄な構成部品を必要とします。
清浄度の測定では洗浄後の部品に残る異物を捕集したメンブレンフィルターを解析します。

VDA Vol.19 ISO16232 のような工業規格が清浄度検査に適用されています。

顕微鏡を用いた粒子の自動計数と解析は2000年頃から始まり、現在ではフィルター解析における主要な方法となっています。
2012年にはヨーロッパで約1000台の顕微鏡コンタミ解析装置が導入されました。

32のサービスプロバイダーを含む検査機関でも清浄度検査を実施しています。

清浄度検査の需要増加している背景

精密なシステムである程、異物に対して敏感

清浄度とシステムの寿命は相関する

大きな残留粒子(キラーパーティクル)は機能損失の要因となる
表面の滑らかさ(摩擦抵抗)と燃費は相関する
表面の滑らかさ(摩擦抵抗)と騒音は相関する
リサイクル法により鉛フリー製品が要求される(汚染に対する厳格化)


ベアリングの動作阻害

バルブ閉塞

ノズル閉塞

ショートサーキット

クランクシャフトベアリング

ターボチャージャー、ピストン

ABS油圧システム

燃料噴射装置、燃料システム

電子部品










JOMESA ショールームの製品:



モーターブロックで重要な箇所:ピストン部、油圧部

12気筒のような大型のエンジンブロックで高出力であるがゆえに、非常に高い清浄度を要求します。


ピストンにおける摩擦は燃料効率を阻害し、油や有機化合物の排出を上昇させます。



ピストンと連動するクランクシャフトではどんなに小さ異物非常に危険です。



近年、自動車リサイクルの要求により、ベアリング(クランクシャフトとモータブロック間)鉛フリーでなければなりません。

鉛フリーベアリングやシェルは硬質で異物粒子が埋没しません。したがって、非常に高い清浄度を要求します



カムシャフト、コグ、チェーン等のオイル湿潤または油圧部のあらゆるパーツ、中でも大きな力が加わり高速で動く部品を連結している場合、異物粒子の存在は許されません
異物粒子は(最悪の場合)システムの故障を招くばかりでなく騒音、寿命、動作のスムーズさにも影響を及ぼします。



パワートレインの油圧おける、あらゆるスプリングやスクリューが総合的な残留異物助長します。
エリアごと(1000cm2 あたり)の粒子を特定することで、正確な寄与率を算出できます。



燃料噴射装置での異物の残留は危険性が非常に高く、粒子解析においてサイズ決定を要することとなった最初の部品の1つです。高圧が加わるディーゼルレール、インジェクションバルブは異物に対し極めてデリケートであり、多くの仕様書では 200μm以上、あるいは更に小さな残留異物が存在しないことを要求されます。


ターボチャージャー

ターボチャージャー
毎分数千回転するため、どんな小さ粒子も大きな損傷の原因なります。



ABS/ESBでの異物の残留は危険性が非常に高く、粒子解析においてサイズ決定を要することとなった最初の部品の1つです。圧力制御ブロックの小さな寸法構成と高圧により、異物に対して厳しい仕様書が設けられています。



パワーステアリングシステムは高圧かつ小さなバルブ開口で作動するため、あらゆる異物に対してデリケートです。


これらの部品の清浄度評価するためには部品をリンスや超音波洗浄などの方法で洗浄する必要があります
洗浄後洗浄液には部品の残留異物が含まれます。この液体を濾過したフィルターを解析します
メンブレンフィルターの解析手順について、次のページでご紹介します測定手順