deutsch deutsch


JOMESAオートマチックコンタミ解析:
清浄度検査測定手順、特許金属・非金属識別、評価サンプルオイル清浄度

JOMESA HFD: 金属・非金属の識別

金属粒子:









メンブレンフィルター上の粒子を解析する場合、金属粒子を検出することは特に重要です

弊社逸早く(2006)金属検出の重要性に気付き、偏光特性利用したシステムを開発し特許を取得しました。

最初に照明についてご説明します弊社製品はフィルターらすために偏光を使用しています

LEDリングライト

直線偏光LEDリングライト

駆動ベルト付きリングライト(偏光)







通常の光源はあらゆる振動方向の光波を含む非偏光を放射します。

直線偏光フィルムを透った光は一つの振動方向になります。

JOMESA 自動偏光システム

の目はその特性上、偏光を認識することができません。
偏光非偏光のどちらに照らされたサンプル同じように見えます。


金属粒子非金属粒子が偏光どのように散乱させるかが両者を識別するカギとなります





金属の表面は入射した光を鏡のように反射するため、入射光と反射光は同じ振動方向です。

非金属物質は入射光を変化させます(多くの場合、光材料に進入するため)。非金属粒子によって散乱した光は、もはや偏光ではありません。

散乱した光が2つ目の偏光フィルムに進入した場合どうなるでしょう







偏光は同じ振動方向を持つ偏光を通過することができます

偏光と格子が直交する場合、偏光は偏光子を通過できません

偏光子がどのような配置であっても非偏光は通過することができます(明るさは低下


弊社2006からコンタミ解析システムに、この物理的作用を利用しています。

2つの異なる状態の偏光で照らされた粒子写真を比較し、金属粒子と非金属粒子の識別しています。

















金属:平行配置偏光

金属:直交配置偏光

非金属:平行配置偏光

非金属:直交配置偏光

画像の比較(平行配置偏光と直交配置偏光):
直行配置偏光で粒子像が黒くなる------> 金属
直行偏光配置で粒子像が黒くならない---> 非金属

メンブレンフィルター上の粒子から必要な情報(粒子径、金属/非金属)を全て収集できました

この結果印刷します評価